電動車いすを使う前にご注意は?

Time:2019-03-18Source:未知Writer:YATTLLClick: 【Font-Size:Small Large

高齢者の活動範囲が広がるとして、近年使用者が増加している電動車いすですが、安全に使用するためには以下の必ずしてください。 


日頃の点検整備が重要です

走行前には必ず車体の点検をしましょう。故障、不具合を放置したまま利用すると、重大事故や故障の原因となります。車体の点検については附属の取扱説明書で確認してください。


走行前の準備が重要です

電動車いすとは、名前のとおり電動モーターで車輪を駆動させる車いすです。ですから走行前には必ずバッテリー残量の確認をしましょう。バッテリー残量が少ないまま使用すると、走行中にバッテリー切れをおこす可能性もでてきます。遠出をする場合は必ずバッテリーを満充電にしましょう。
また、速度設定・バックミラーの確認・アクセル&ブレーキーの確認なども忘れずに行なってください。


            走行前

1.マニュアルをすでに全て内容をよく読んで、理解しています。

2.座席は完全展開のことを確保して下さい。

3.ペダルを取り付けてください。

4.コネクタに連接してください。

5.安全ベルトを締めてください。

6.制御機をオープンにし、スピードをスイッチ1に調整して下さい。

7.走行の周りの環境安全を確保してください。

8・浮腫、下肢潰瘍または関節痛がある場合は、ペダルを持ち上げたり、シートクッションに柔らかい枕を使用してください。


安全を確認が重要です 

これまでの事前点検整備が終了したら、いよいよ出発です。走行前には必ず前後左右の安全を確認しましょう。
また、後方はバックミラーだけでは確認できません。必ず振り返って安全を確認しましょう。同様に、車道に出るときも一旦停止し、周囲の安全を確認しましょう。


            走行中

1.電動車椅子は平坦路面や歩道や歩行者専区の走行に限り、高速や車道の走行はしないでください。

2.疲労或いは飲酒後、電動車椅子を使用しないでください、

3.暗い環境においては、走行注意のこと。

4.デパートや混雑の環境の中、慎重に走行してください。

5.練習や外出の際は、他人が付き合っていることを確保してください;

6.この製品に荷物の積みは禁止です。ポケットは軽量や小さい物を入れるための設計で、例えば、本やミルクなどを利用ください。

7.走行中、乗ったり、降りったりしないでください。

8.走行中、ご着物と他のものは、車輪に巻き込まれらなよう心をかけてください。

9・前輪が小さいので。小石や溝のような小さな障害に会うと、車椅子が突然停止したり前方に傾いたりする可能性があります。これはユーザーに危害を与えます。だから、車椅子を押しても人々は非常に注意する必要があります。(必要に応じてプルモードを使用できます)

10・下り坂の速度が遅くなる、ユーザーの頭と後ろは後方にする必要があり、彼は事故を避けるために肘掛けをしっかりと保持する必要があります。ユーザーを観察し続ける。


初めて運転する前に

電動車いすを始めて使用する方は、事前に電動車いすの操作方法や速度に慣れるため、公園や校庭など広く安全な場所で練習しましょう。また、初めて道路に出るときは、必ず介助者が同行し安全な順路や交通ルールの確認をしましょう。











著作権所有& copy ; 2006 - 2019深セン市雅途実業有限会社は、すべての権利を維持します。