車椅子各部の各部位の機能を紹介します

Time:2019-03-22Source:未知Writer:YATTLLClick: 【Font-Size:Small Large

  車椅子とは、身体の機能障害などによって歩行に困難のある人の

「移動」を補助する手段として利用される用具です。さらに重要なのは、車いすによって体を鍛えたり、社会活動に参加できるようにすることです。

以下車椅子各部の各部位の機能について、簡単に紹介します。


1、大車輪:主な重さを積載する。現在市場では多くのタイヤの直径を使用して、51、56、61、66 cmなどがあります。環境の要求を使用して実際のタイヤを使用することを除外して、多くのはエアータイヤを使用します。


2、小車輪:一般的な直径は12、15、18、20 cmなどで、直径の大きいタイヤは更に障害物と特殊なカーペットを越えやすいです。しかし、直径大きくなら、車いすのスペースが大きくなり、行動が不便である。通常の小輪は大輪の前にあるが、下肢が麻痺する人用の車いすでも、大輪に小輪を置くことが多い。操作の中で注意するのは小輪の方向が一番大きい車と垂直になることができるのが最も良いです。


3、タイヤ:中実があり、充気がある部、無の充填型の2種類があります。中実型は平地で速く歩くのが速くて、爆破しにくくて、押しやすいのですが、平道では、振動が大きくて、タイヤと同じ幅の溝内に入った時に抜いてはいけません空気が充満しているのが苦手で、突き刺さりやすいですが、振動は中実タイヤより小さいです。内部の充填型は内部が刺さっていないため、内部にも気をつけて座り心地がいいですが、中実タイヤよりは押しにくいです。


4、手押し輪:手動車いすのようなもので、電気車いすにも手押し輪が入っていて、普通は大輪の直径5 cmほどである。インナーが片手で駆動する時、更に1つの直径の更に小さい者をプラスして選択を供えます。手押し輪は一般的に患者が直接推進して、もし機能がよくないならば、駆動しやすいために、次の方法の変更があります:(1)手押し輪表面に消しゴムなどを加えて、磨きを加える力を増やすことができます。(2)ハンドルを手にしてまわりを増やす。押して以下のいくつか①水平押しをする。C 5の脊柱の損傷時に使用されます。そのため、腕の二頭筋は健全で、手は押しの上に置いて、ひじ力で車を押して進む。水平押しをしていないと、動かすことができません。②垂直押しにする。関節性関節炎の肩の関節の活動を制限する場合に使用されます。そのために水平押しは使えません。③太い押しをする。指運動がひどい限り、拳を握らない患者は、骨関節炎、心臓疾患や高齢者にも適用されます。


5、椅座:其高、深、宽取决于患者的身高及体型,其材料质地也取决于病种。一般深为41、43cm,宽40、46cm,高45、50cm。


5、椅子座面:その高い、奥行、幅は患者の身長と体型によって異なり、その材料は病種によってかかっている。一般的には奥行41、43 cm、幅40、46 cm、高さ45、50 cm。


6、ブレーキ:大輪各輪もブレーキがあるべきで、当然のように患者手を使うことしかできなくて、ただ片手でブレーキをかけるしかなくて、しかしもレバーを延長して、両側のブレーキを操作することができます。ブレーキは2種類あります:(1)凹口式ブレーキ。このブレーキは安全でしっかりしていますが、苦労します。調整後は坂道でも歯止めがつき、1段になって平地で失効することはできません。(2)ひじ式ブレーキ。レバーの原理を利用して、いくつかの関節を通して制動し、その力学の長所は凹口式のブレーキより強いが、失効は速い。患者のブレーキ力を増大するため、常にブレーキの上でレバーを延長することが多いが、このレバーは損傷しやすい。


7、レッグサポートよびフットサポートフットサポートは両サイドにまたがることができて、あるいは両サイドは式を分けることができて、この2種類はすべて揺れ動くことができることを採用するのが最も理想的です。フットサポートの高さに注意しなければなりません。フットサポートが高すぎると、屈折したところは角度が大きくなり、体重がより多くの座骨結節に加えて、そのところの褥瘡を引き起こすことができます。


8、手すりあるいはアームサポート:一般的に高出た椅子面22.5~25 cm、一部のアームサポートは高さを調節することができます。また、アームサポートに入れて板を入れたり、本を読んだり、食事をしたり、物を置いたりすることもできます。


9、座布団:圧力を避けるために、シートに高い注意を払うために、できるだけeggcrateタイプまたはRotoタイプを使う。このようなシートは大きなプラスチックによって、上には直径5 cmほどの乳首状のプラスチックの空心柱の構成があり、それぞれの柱が柔軟に動く。このようにして、受圧ポイントをどんどん変えることができ、常に同じ部位に圧迫されることを避けることができます。上記のシートがない場合は、層型発泡プラスチックを使用し、その厚さは10 cm、上層は0.5 cm厚の高密度ポリ塩素メチル酸エステル、下層は中密度の同じ性質のプラスチック、高密度者の支持性が強く、中密度者は柔軟で快適である。

座席の席では、座骨結節が大きく、通常の毛細血管の圧力の1~16倍を超えて、血が欠けていることができます。ここの圧力の大きさを避けるために、常にその位置のシートの上で1つのブロックを掘って、座骨を立てて架空にして、掘る時の前に座骨の結節の前の2.5 cmの所にあるべきで、側はこの結節の外側の2.5 cmの所にあるべきで、深さは7.5 cmぐらいで、掘った後のシートは凹形になり、欠落後に、上記のシートを採用して切り口をつけると、かなり効果的に褥瘡を防ぐことができます。


10背たれ背たれの高低と傾斜して斜めになることができない点があります。患者は体の幹に対するバランスと制御が良く、低い背たれの車いすを選んで、患者に大きな活動度がある。逆に、高い背たれを選んでください。

 

著作権所有& copy ; 2006 - 2019深セン市雅途実業有限会社は、すべての権利を維持します。